国内外を問わず世界中の社会において、組織および個々人みずからが、SDGs達成を目標に変革を促し、誰一人取り残さない持続可能な社会を構築することが重要と考えます。PSDは、そういった組織および個々人によるSDGsの達成のための取組みを支援します。

国内外を問わず世界中の社会において、組織および個々人みずからが、SDGs達成を目標に変革を促し、誰一人取り残さない持続可能な社会を構築することが重要と考えます。PSDは、そういった組織および個々人によるSDGsの達成のための取組みを支援します。

 
 

 
中期的視点に立った協力事業実施
SDGsの達成(誰一人取り残さない社会の構築:Building society leave no one behind)のために、中期的視点をもって事業を実施し、 持続可能な開発に貢献します。

中期的視点に立った協力事業実施
SDGsの達成(誰一人取り残さない社会の構築:Building society leave no one behind)のために、中期的視点をもって事業を実施し、 持続可能な開発に貢献します。

 
多様なパートナーとの協働
国内外の政府、地方自治体、民間企業、市民社会、大学、開発援助機関といった幅広いパートナーとの関係の強化に努めます。そのために、それぞれの主体性を尊重し、合意形成の過程を重視し、協働で成果の発現に努めます。

多様なパートナーとの協働
国内外の政府、地方自治体、民間企業、市民社会、大学、開発援助機関といった幅広いパートナーとの関係の強化に努めます。そのために、それぞれの主体性を尊重し、合意形成の過程を重視し、協働で成果の発現に努めます。

 
 
法令遵守
日本国内のみならず、事業実施国における法令を遵守し、公正かつ健全な企業活動を行います。

法令遵守
日本国内のみならず、事業実施国における法令を遵守し、公正かつ健全な企業活動を行います。

 
社員の生活の重視とキャリアの形成
社員一人一人の生活を守り、健康に業務を遂行することが可能な労務環境を整備し、保持します。また、社員の自主性を尊重し、それぞれのニーズに合った働き方とキャリア形成が可能な労務環境の構築を目指します。

社員の生活の重視とキャリアの形成
社員一人一人の生活を守り、健康に業務を遂行することが可能な労務環境を整備し、保持します。また、社員の自主性を尊重し、それぞれのニーズに合った働き方とキャリア形成が可能な労務環境の構築を目指します。

 
 

新型コロナウイルス(COVID-19)は、人々の健康や医療サービスへの影響にとどまらず、生計や生活様式の変更をせまられるといった、市民一人一人の日々の暮らしに多大な影響を及ぼしています。そのため、社会的立場や経済状況によらず、だれもが危機に陥るということを可視化しました。また世界的にみると、国の政策や経済力の違いや国際社会での立場によって、十分にワクチンがいきわたっていない状況が生じています。この状況は「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」SDGsを達成するうえでも、大きなバリアとなっています。 

 
SDGsの課題に立ち向かっていくためには、SDGsの理念にのっとった、私たち一人一人による世界的な連帯が必須と考えます。COVID-19 の感染は人の移動にともなって国境を越え、さらに一国の経済は他国に大きな影響を及ぼすことから、一国の独自課題にとどまることはありません。その反面、COVID-19の世界的パンデミックを乗り越えることにより、より中長期的視点に立った強靭な社会を構築していくことが可能なのではないかという、大いなる希望もあります。
 
自国の利益最優先を声高に掲げる政策とは一線を画し、SDGsの目標達成期間をこえた長期的な視点に立ち、まだ声をあげることもできない次世代、次々世代にとっても望ましい世界を築いていくことが大事だと思っています。そのために、国際機関、政府、地方自治体、民間企業や市民社会といった幅広い関係者が、真剣に議論し、着実かつ具体的にそれぞれの計画を実施していくことが重要です。日本も含む地球上の世界各国が、SDGsの理念である「誰一人取り残さない」ことを目に見える形で現実するため、株式会社PSD Japanは、幅広い関係者とともにソリューションを提供することを目指します。
 
 

20211
代表取締役  渡辺 学